やっと「パリ恋」見終えました

やーっと、やーっと見終えることができました

自分でもいつ見始めたのか記憶にないほどの月日が経過してしまいましたが


でも、でも、とっても良かったです。

後半は胸がきゅんきゅんして、もらい泣きして、足の先まで「うううー」って・・・

最後の最後までスヒョックの存在は少し重たかったので
なぜそこまで固執するんだよぉってちっょぴりイライラした私です。

好きならば、身をひいて見守ることもテヨンの気を楽にさせるために必要だよ・・・とかね。

画像





ところで。。。。

最終話まできたら頭の中が一瞬混乱です

私だけですかねぇ・・・こんな不思議感が残ったのは・・・

意味不明で同じ箇所を何度も戻って確認してしまいました。

コレはどのように解釈すればいいのかなって・・・


いきなり場面が変わって
テヨンがギジュのデスクでストーリーを書いていたから
結婚して新たな展開・・・ッて思ったの。

パリから戻って夫婦になったものだと早合点

もしも、シナリオだったとしたら
この書き出しはいつの間に展開されていった・・・??
テヨンがギジュのデスクに座って書いているそんな場面あったっけ

また初めから見直す元気はないけど・・・・

あっ、でも、場面は韓国になっていたから、パリで家政婦していた場面とは別モノかぁ・・・

うーん、ますます混乱





ギジュのことだから分かれることなんて考えもしないと予想したけど、
驚いたことにギジュが、テヨンのパリ行きを許して、別々の道を歩むことになったでしょ


でも、またパリで再会・・・あぁーだから「パリの恋人」ってネーミングなんだ

・・・と見ながら解釈したんだ。

新聞に「ギジュ社長が結婚」っていう記事が出ていたし
相手がテヨンに見えたから あれれれと混乱よ。




「社長」スタイルのギジュも素適だったけど、
ラフなスタイルのギジュもサイコーじゃん・・・ってニコニコしながら見ちゃいました。

画像




あっ、話がそれますが、ユナに対してずっと冷たかったギジュだけど、

最後に「ふさわしい人に愛されるはず」っていうような事をユナに伝えたでしょ。
なんかジーーーンときちゃいました。

ギジュには振り向いてはもらえなかったけど、
本当にユナはギジュが好きだったんだなぁ、親達のゴタゴタの犠牲になっていた部分もあるよなぁと
少し可哀そうになった瞬間でした。


横道にそれましたが、
結局はテヨンのシナリオだったのかなぁーという不思議な余韻を残してくれたドラマだったけど、
最後にギジュがテヨンの屋台につっこんで、話が再スタートしたような形で終わったので

これから実際にあのシナリオ通りにふたりが進展していくのかな~

あっ、だめだめ
新聞の記事にあったように、ギジュはもう既婚者だよね


お決まりコースではあるけれど、パリで再開して
やっぱりギジュとテヨンは結ばれる運命にあったのね・・・・という展開でそこで終わってくれた方が

すっきりしたと思うんだけどなぁ


このドラマは友達が貸してくれたもので
ものすごくお勧め・・・って言ってたけど
この最後の不思議な展開については何も言ってませんでした。

返す時によぉーく聞いてみよっと。私の解釈が混乱しすぎているのか・・・・









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック